どうも、だかいするおです。
今回は自分が思う、現環境3on3バトルにおける結論デッキを紹介したいと思います。

それがこちら。

P_20191209_171853~2
『パーフェクトフェニックス.Ig'』
『ロードスプリガン.Hy』
『超Zスプリガン.0W.Br』

オーバー狙い・バースト狙い等のリスクを伴う行動を極力減らし、スピンによる安定した勝利を求めるデッキ構築となっております。

それでは1つずつ見ていきましょう。



P_20191208_224454
『パーフェクトフェニックス.Ig'』
個人的に、現状の最強改造。
一時期環境から姿を消していたパフェだが、軸先が磨耗したIg'を使うことでぶっ壊れ性能へ。軸先の磨耗による低重心化・フラット化でバトル終盤での持久性能が段違い。
レイヤーの重さは正義。同回転持久は間違いなく最強。逆回転との送り合いにも強く、ロードスプリガンのハイブリッドやベアリング改造にも競り勝てる。
ダッシュ系ドライバーを履いたことで被バーストはほぼ無し。
これといった弱点が見当たらない。


P_20191209_171941
『ロードスプリガン.Hy』
最強改造その2。
ロードスプリガンの左右切り替え、ハイブリッドの電源オン/オフ無限外周超覚醒(モゾモゾ左アシスト)と、選択肢がとても多い。対応範囲の広さが何よりの魅力
ハイブリッドは、電池残量が僅かの物を使うと、バトル最終局面にて左回転アシストが入る。故に左回転で使うとめっちゃ強い。
また、電池残量が豊富な物を使えば、無限外周することがある。新品の電池を電源オンで数十分放置した物を使うと無限外周しやすいとか(自分はまだ未完成)。ベアリング等の中央で居座る持久改造には確定で勝てる。


P_20191209_172112
『超Zスプリガン.0W.Br』
言わずと知れたベアリング改造。ベアリングと両回転レイヤーの相性はご飯に納豆、ドーナツにミルク、コーラにポテト、つまりベストマッチ
逆回転吸収に特化しており、逆回転時における勝率はトップクラス。送り合い性能だけで言えば電動ドライバーよりも上。
しかし同回転での勝負は厳しく、両回転レイヤー(ベース)が2つ以上いる現環境においてはリスクとなる場面も多い。
同回転勝負となってしまった時のために、バーストストッパーと干渉しやすいゼロディスク、ひっくり返して重さを保って使えるリフトフレームを選択。
(ダブルオーディスクではストッパーとの干渉が甘く、ストッパーが1つ出ている状態でもバーストしてしまう事がある)



如何だったでしょうか。
以上が自分が思う現環境3on3バトル結論デッキです。オーバーやバーストを狙うのは楽しいですが、やはり3on3バトルにおいてはスピンでの勝利が一番安定して勝てる方法だと思います。

是非、皆さんの3on3デッキについてもコメントやTwitter等で教えてもらえると嬉しいです(ノ^^)ノ

それでは。