どうも、だかいするおです。


GT改造セットが発売され、電動ドライバーの登場により、ベイブレードバーストのバトル環境は大きく変化しました。今や3on3デッキの中に電動ドライバー2つが入ってくる時代です。

そんな中、電動ドライバーを使った最強の改造が見つかりましたので、今回はその改造について紹介していきたいと思います。


その最強の改造とは、

P_20191208_224339

『パーフェクトフェニックス.イグニッションダッシュ』(pP.Ig')です!

P_20191208_224454

こちらの改造、何が強いのかと言いますと、
ロードスプリガンのハイブリッドやベアリング改造に対して競り勝てるところです。

同回転でならば圧勝、ほぼ負けなし、逆回転でも6~7割くらい送り勝てます。
超スプのハイブリッドやベアリング改造に対しても同じことが言えます。

そして電源オフで強いので、電源オンだのオフだのと煩わしいことを考えなくて済みます。(ここ大事)

さらに、この改造の優秀なところは、回転ジャンケンを気にしなくていいこと。同回転でも逆回転でも、持久勝負であればほとんど負けません
しかもイグニッションダッシュはダッシュ系のドライバーなので、ハイブリッドでの運用に比べてバースト負けの可能性を大幅に減らせています。何度か対人戦でも使いましたが、今のところバースト負けはしたことがありません


あの『pP.Ω.Xt+』の1強時代を彷彿とさせる改造なのです。


この改造を使うにあたって1つ注意すべき点なのですが、新品のイグニッションダッシュを使ってもそこまで強くありません。イグニッションダッシュのセミフラットの部分がフラットになるまで、軸先が磨耗したものを使うと恐ろしいほどに強くなります。

P_20191208_224559
(左が磨耗、右が新品)

軸先が磨り減る事で低重心化が図れ、さらにフラット軸になることで倒れにくくなります。バトル終盤での持久力の差は歴然です。

たった数ミリの変化がここまで性能差を生み出すとは、ベイブレードバーストまだまだ奥が深いです。


また、レイヤーのフェニックスに関してですが、アーマーが外れにくい個体のほうが重さが乗る分、同回転には強いです。
逆回転での性能差はそこまで無かったので、基本的にはアーマーが外れにくい個体で組むことをオススメします。

P_20191208_230558
ランレーの緑色のアーマーより、ブースターの黒色のアーマーのほうが外れにくいと感じますので、ブースター版のアーマーの使用もオススメします。(ここら辺は個体差が大きいかもしれません)


個人的には、現環境における最強改造だと思っています。
オーバーされる以外の負け筋はほとんどありません。まさにパーフェクトの名に相応しい改造なのではないかと思っています。

皆さんも是非この改造を組んで大会等に参加してみてください。ロードスプリガン使いを狩り尽くせるかもしれません。

それでは。