みなさん、たのしいベイ生活を送っていますか?
ソテヌヒです。

今日は待ちに待った、WHFに行けなかった人はのどから手が出るほど欲しいと思っていたベノムディアボロスの発売でした。ちなみに7月6日は「サラダ記念日」だそうですね。「『このカスタマイズがいいね』と君が言ったから7月6日はベノム記念日」といった感じでしょうか。


ということで、今日は待ちに待った、WHFに行けなかった人はのどから手が出るほど欲しいと思っていたベノムディアボロスの発売でした。

今回のこのベイはGTシリーズでは初の試みである、ガチンコチップが両回転対応という異色のベイになってましたね。
しかも、そのガチンコチップとウェイトが一体型というタカラトミーさん!そんなモリモリな内容でいいんですか!? という豪華っぷり!!





というわけで見ていきましょう!!

まずは、外箱!
_20190706_223806



やはりかっこいいですね!
箱の横に「右回転」「左回転」と書いてあるのが、なかなかシャレオツって感じです。
今回はライトランチャーともう一つベースがついてくるので、お値段も2400円くらいで少しお高めにはなってますが、それを気にしないぐらいかっこいです!!


_20190706_223827


このごつごつとした感じや黒ベースに朱と金がちりばめられていて、パッと見ただけで男心がくすぐられてしまいますね。先月に発売されたツヴァイロンギヌスとちょうどいい感じに対比されていて、あちらは白ベースに金銀と青でしたので、色合いとしてもいいコンビになりそうです。

主人公機のエースドラゴンとも対になっているので、魅力は増倍ですね!!


併せてこちらもどうぞ!!

_20190706_223923


こちらは今回のスターターに付属してくるもう一つのベース、イレイズベースです。
こちらはさきほどの黒ベースに対して白ベースに朱、という感じにまとまっています。

このベースも高低差のあるアッパー刃が五枚も出ていて今までにないような形をしていますね。
ツヴァイベースと比べると一枚一枚のアタック力は落ちそうですが、比較的円形に近いので安定はしそうな感じですね。




気になっているところがありまして、それがイレイズよりもベノムベースのほうが似合う理由だと思うのですが、ディアボロスチップのプラスチック部分が黒ベースなのでチップとベースに一体感がうまれないというところです。

白、ということでロンギヌスのほうが似合いそうですね。


ちなみに組み立てて横から見るとこんな感じ

_20190706_223849

最近のベイは初期に比べたら段々とレイヤーが巨大化する傾向にあったのですが、ディスク、ドライバーがそれについていけずに頭でっかちなカスタマイズになることが多いということがありました。

GTシリーズになってからはディスクもレイヤーに合わせて大きくなってきていたのですが、いかんせんドライバーに少しだけ、ほんの少しだけ、小さくね? と思っていた自分がいました。

そんな心配を払しょくしてくれるようなドライバーですね。なんとなくですがきれいな逆三角形にみえます。ただ、射出しちゃうと貧相になってしまうのですが、、、

ぜひぜひドライバーもこの巨大化時代についていってほしいと思うばかりですね


ちなみにドライバーがどれほど高さがあるのかというと、アトミックと比べるとこんな感じ


_20190706_224001




画像では少しアトミックが上になってしまっていますが、それを差し引いても高さがありますね。
うちのハザードケルベウスくんもこのくらいの高さがあれば、己の牙で自滅しなくなるのでしょうか?

そして射出した後の高さがこちら!


_20190706_224031


さらに高くなるみたいですね。実際にはこの軸はバネガ内臓されているので、少し低くはなるのですが、この高さはアドバンテージをとれそうですね!!この軸の形はスタミナ切れが起こったときにいっきに回転力をなくしてしまいますが、、、

それまでに決着をつけたいアタック!!って感じのドライバーですね。


我が家での最高のドライバーのディメンションと比べても高い!

_20190706_224101



それと今回のスターターにはライトランチャーが出ていてそれの色が、ベノムディアボロスとすごい魔チングしていて、めっちゃかっこいい!!ってなってたのですが、よくよく聞いてると、スプリガンについていたのと同じ色だったみたいですね。

少しだけびっくりしましたが、ひさびさにライトランチャーを握りしめたくなるような組み合わせをしてくみなさん、たのしいベイ生活を送っていますか?
ソテヌヒです。

今日は待ちに待った、WHFに行けなかった人はのどから手が出るほど欲しいと思っていたベノムディアボロスの発売でした。ちなみに7月6日は「サラダ記念日」だそうですね。「『このカスタマイズがいいね』と君が言ったから7月6日はベノム記念日」といった感じでしょうか。


ということで、今日は待ちに待った、WHFに行けなかった人はのどから手が出るほど欲しいと思っていたベノムディアボロスの発売でした。

今回のこのベイはGTシリーズでは初の試みである、ガチンコチップが両回転対応という異色のベイになってましたね。
しかも、そのガチンコチップとウェイトが一体型というタカラトミーさん!そんなモリモリな内容でいいんですか!? という豪華っぷり!!





というわけで見ていきましょう!!

まずは、外箱!



やはりかっこいいですね!
箱の横に「右回転」「左回転」と書いてあるのが、なかなかシャレオツって感じです。
今回はライトランチャーともう一つベースがついてくるので、お値段も2400円くらいで少しお高めにはなってますが、それを気にしないぐらいかっこいです!!




このごつごつとした感じや黒ベースに朱と金がちりばめられていて、パッと見ただけで男心がくすぐられてしまいますね。先月に発売されたツヴァイロンギヌスとちょうどいい感じに対比されていて、あちらは白ベースに金銀と青でしたので、色合いとしてもいいコンビになりそうです。

主人公機のエースドラゴンとも対になっているので、魅力は増倍ですね!!


併せてこちらもどうぞ!!



こちらは今回のスターターに付属してくるもう一つのベース、イレイズベースです。
こちらはさきほどの黒ベースに対して白ベースに朱、という感じにまとまっています。

このベースも高低差のあるアッパー刃が五枚も出ていて今までにないような形をしていますね。
ツヴァイベースと比べると一枚一枚のアタック力は落ちそうですが、比較的円形に近いので安定はしそうな感じですね。




気になっているところがありまして、それがイレイズよりもベノムベースのほうが似合う理由だと思うのですが、ディアボロスチップのプラスチック部分が黒ベースなのでチップとベースに一体感がうまれないというところです。

白、ということでロンギヌスのほうが似合いそうですね。


ちなみに組み立てて横から見るとこんな感じ


最近のベイは初期に比べたら段々とレイヤーが巨大化する傾向にあったのですが、ディスク、ドライバーがそれについていけずに頭でっかちなカスタマイズになることが多いということがありました。

GTシリーズになってからはディスクもレイヤーに合わせて大きくなってきていたのですが、いかんせんドライバーに少しだけ、ほんの少しだけ、小さくね? と思っていた自分がいました。

そんな心配を払しょくしてくれるようなドライバーですね。なんとなくですがきれいな逆三角形にみえます。ただ、射出しちゃうと貧相になってしまうのですが、、、

ぜひぜひドライバーもこの巨大化時代についていってほしいと思うばかりですね


ちなみにドライバーがどれほど高さがあるのかというと、アトミックと比べるとこんな感じ






画像では少しアトミックが上になってしまっていますが、それを差し引いても高さがありますね。
うちのハザードケルベウスくんもこのくらいの高さがあれば、己の牙で自滅しなくなるのでしょうか?

そして射出した後の高さがこちら!




さらに高くなるみたいですね。実際にはこの軸はバネガ内臓されているので、少し低くはなるのですが、この高さはアドバンテージをとれそうですね!!この軸の形はスタミナ切れが起こったときにいっきに回転力をなくしてしまいますが、、、

それまでに決着をつけたいアタック!!って感じのドライバーですね。


我が家での最高のドライバーのディメンションと比べても高い!




それと今回のスターターにはライトランチャーが出ていてそれの色が、ベノムディアボロスとすごい魔チングしていて、めっちゃかっこいい!!ってなってたのですが、よくよく聞いてると、スプリガンについていたのと同じ色だったみたいですね。

少しだけびっくりしましたが、ひさびさにライトランチャーを握りしめたくなるような組み合わせをしてくださったのは感謝しかありませんね!!


_20190706_224119


それとあわせて今日からゴールドターボキャンペーンでスティングが2000円以上購入のひとはもらえますね!!

見てくださっている人も手に入れていることだと思います。
私は20日に発売のランブー、ランレーのときに余っていたら2つ目をもらおうかなと思っています。お財布がバーストしないように。





それでは、また。